グロインペイン(鼠径部痛)症候群の施術

当院に来た グロインペイン症候群の学生は “100%”楽になって帰宅します   スポーツ障害のスペシャリスト 東大和市駅前スポーツ整骨院   ケガの施術で有名な整骨院です。 「サッカー 股関節」の画像検索結果  

あなたは当てはまりますか?

・ダッシュ時や蹴る動作で痛みがでる ・歩いていて痛む ・体がとても硬い ・股関節付近に痛みが出る     上記の症状が当てはまったら もしかして・・・   グロインペイン症候群かもしれません!!  

グロインペイン症候群

  グロインペイン症候群は別名鼠径部痛症候群とも呼ばれ、内転筋腱障害・腸腰筋の機能障害・外腹斜筋腱膜損傷・恥骨結合炎・スポーツヘルニア等の総称をいいます。 10代~30代の主にサッカーやっている方に多く見られます。安静にしていれば痛みは出ないが、運動をすると痛みが出てくるのがこの症状の特徴です。 グロインペイン症候群の初期症状はサッカーボールを蹴るときや全力で走った時に限定的な運動時痛が起きます。症状が悪化していくと徐々に痛みが出る頻度が増え軽度の運動でも痛みが出てきます  

発症しやすいタイプ

  臀部の筋肉が硬い人 股関節が開いた状態になりやすくなるので、臀部の筋肉が使いづらい状態になります。キック時やターン時に内転筋部や恥骨部にストレスをかけやすくなります。   腰痛を抱えている人 太ももの裏の筋肉(ハムストリング)やアキレス腱の硬さが原因で骨盤周囲の支持性が低下し股関節部分にストレスがかかります。   過剰なトレーニングをする人 若年世代に多く、腹筋やお尻の筋肉強化などの特定部位の過度な強化、そしてシュートやロングキックなどの特定動作の過度なトレーニングにより鼠径部にストレスがかかりやすくなります。   つまり、体幹から股関節周辺の拘縮や筋力低下、不自然な使い方によって可動性・安定性・協調性といった機能が低下し痛みと機能障害の悪循環が生じて症状が慢性化していきます。  

グロインペイン症候群の施術法

鼠径部周辺の筋力低下を伴うのでそれを改善しない状態で、再度ボールを蹴ったりすると筋肉が負荷に耐えられなくなって痛みが再発してきます。なので、電気治療や手技療法ストレッチも行いますがそれだけでは不十分で体幹の筋肉を強化するリハビリが必要となってきます。   ・筋の拘縮に対するマッサージ ・筋力低下に対する筋力訓練 ・股関節だけに負担が集中しないように上肢・体幹・下肢を効果的に連動させる協調運動の訓練   グロインペイン症候群は治るまで数日のものもあれば、1~3か月くらいかかることも、中には1年以上治らない方もいます。  

当院の施術法

まずは膝と股関節を施術します。   次に骨盤の歪みを取り除き姿勢を正して股関節にかかるストレスを均一にさせます。   最後に弱っている肌肉に対しての筋力トレーニングを行ったりトレーニング方法を指導し再発しない股関節をボディメイクさせます。  
お問い合わせはこちら
    日曜営業してます
042-516-9901 (予約制)
    →WEB予約はコチラから←    
LINEでも予約できます! 名前と電話番号、症状を記載してくださいね  
line  
クーポンあります!股関節痛のスペシャリスト整骨院HP 女性や産後のお母さんに大人気!変形膝の森の風HP 鍼灸整体サロン 四ツ谷Harry オープンしました!             #東大和 鍼灸 腰 産後 頭痛 偏頭痛 灸 逆子 #小平 骨盤 逆子 灸 トリガーポイント療法  #立川 顎関節症 腰痛 膝痛 片頭痛 股関節痛 #東村山 鍼灸 腰痛 五十肩 四十肩  スポーツ障害 #武蔵村山 骨盤 MPS 膝痛 五十肩 四十肩 #四ツ谷 骨盤矯正 膝痛 腰痛 肩コリ 鍼灸 はり治療     インスタ(インスタグラム) ツイッター Facebook 2ちゃん 色々話題の整骨院            

ページトップへ戻る

メールでのお問い合わせはこちら
お電話・お問い合わせはコチラ 042-516-9901