四十肩・五十肩の施術

四十肩・五十肩でお悩みの方は当院にご相談ください。

”絶対に楽にさせる”自信があります

 

年間200人を超える40肩・50肩の実績あり!

肩こり・四十肩五十肩の超エキスパート!

東大和市駅前はり灸整骨院

 

 

当院イチオシの 専門コース(骨格矯正+整体×鍼灸)

初回 8,250円
 2回目以降 6,600円

慢性的な疲れを感じている方、肩こりや腰の痛みなど身体に痛みや不調のある方、どんな方でもお客様の状態を確認してお客様に合わせた施術を行います。他の医療機関でもなかなか良くならなかったような方もお気軽にご相談ください。

”クチコミ№1の実力を誇る施術です”

 

→WEB予約はコチラから←

 

四十肩、五十肩を解説

 

40肩、50は肩関節周囲炎と呼ばれる疾患です。

 

・腕を上げると痛む!

・肩がこわばった感じがする

・肩が自由に動かせない!

・寝返りをうつと肩が痛む!

・90度より上に挙がらない

 

上記が当てはまった

あなたは四十肩、五十肩かも知れません。

 

 

原因はなに?

 

回旋筋腱板(かいせんきんけんばん)と呼ばれる肩甲骨の前面と後面からおこる4つの筋肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋の事を指します。この筋肉が肩の動きを支えているので肩関節は他の関節より自由に稼働することが可能なのです。

 

 

その中で肩を挙上させる働きがあるのが棘上筋の働きになります。この筋肉下の図にあるように肩甲骨から始まり骨の間を通って上腕の骨に付着します。加齢により筋肉を使わなかったり、また過度に使い過ぎたりして、この間で摩擦や肥大化して炎症や断裂を起こして四十肩や五十肩を発症します。

 

 

40肩と50肩の違いは発生年齢の違いではありません!軽度な肩の痛みで肩の可動域が90度を超えたらを40肩、重度な痛みで肩の可動域が90度未満なら50肩なのです

 

 

 

中高年になると、特に原因がないのに肩に不快感や痛みを覚えることがあります。肩が痛くて腕が上がらなくなったり手が後ろに回らなくなったりしたら、五十肩が疑われます。ある日、突然、肩関節に激しい痛み、あるいはしびれが起きることによって発症します。

 

五十肩になると、物を持ち上げようとした時やゴルフのスイングをした瞬間などに突然激痛に襲われ、それ以降、肩を動かすたびにひどい痛みに悩まされる場合が多く見受けられるようです。五十肩と呼ばれるのは、40歳以上の人に起こりやすく、特に50代の人に多く見られるからです。利き腕にも関係なく、左右どちらの肩にも起こります。

 

 

片方が治った後に、もう片方が痛くなることもありますが、両方の肩が同時に痛くなることはまずありません。五十肩の起こり始めには、夜、寝返りをうつ時にギクッと痛んで目覚めることもあります。痛みの強い時は、炎症が起きている時期で、その後、炎症が治まるにつれて痛みは軽くなります。腱とその周囲が炎症のなごりで癒着を起こし、滑りが悪くなるので関節の動きが悪くなります。徐々に癒着が軽くなり、動きが正常な状態に戻るまでには、半年から1年もの時間がかかるのが普通とされています。

患者さんからの喜びの声

 

今回は五十肩できました。知り合いから紹介されて来てみました。1つ1つの治療の後に同じ動きをすることで自分の身体の動きがスムーズになっていくことを実感することが出来ました。健康なカラダを目指していきたいと思います。

姿勢の歪みから腰・首がこり始めて頭痛にも悩まされていました。問診をしていくと自分の体の歪みや姿勢の悪さが分かり、そこからどうして悪くなるかを丁寧に教えてくれました。最近は痛む頻度も減って生活が楽になりました。

 

こんなにスッキリするなんて早く来ればよかったです。ありがとうございます。

 

肩・腰・首の痛みで来ました。腕が少し上がる様になりました。首が少し回るようになりました。下着を上げる時、腕や肩が痛かったけど少し楽になりました。早く全部楽になりたいです。75歳 Sさん

スポーツ・ゴルフの前にはリアラインコアがオススメです!これで楽しく運動ができています。

 

→  詳しい施術内容はコチラ

 

 

 

こんな症状も見ています

肩コリ、寝違い、むち打ち症、変形性頸椎症、五十肩、偏頭痛、眼精疲労、めまい耳鳴り腰痛、ぎっくり腰、変形性腰椎症、脊柱管狭窄症腰椎ヘルニア、坐骨神経痛、背部痛、腱鞘炎、手足のむくみ、手足の冷え、手足のしびれ、ゴルフ肘、テニス肘、変形性膝関節症、股関節痛、リウマチ自律神経失調症、更年期 障害不眠症、高血圧、出産前後の体調管理、生理痛、スポーツ前後のケア、手術後のリハビリ

 

patient_03

 

 

042-516-9901(予約制)

 

→簡単!WEB予約はコチラから←

 

 

LINEでも予約できます!

名前と電話番号、症状を記載してくださいね

 

 

クーポンあります!肩こり痛み解消整骨院HP

女性や産後のお母さんに大人気!首コリ森の風HP

 

 

あなたが悩み続けた症状放っておかずに一度、ご相談ください!

 

首まわりの痛み・頭痛・肩こり・五十肩など今は現代病の一つといっていいほどこのような症状で困っている方はおおいと思います。肩こりなんて自分は無縁だ!四十肩・五十肩なんて年を重ねてから来る症状だ!!などと考えられる方もいらっしゃると思います。しかし最近では若い方の肩や首の痛みで悩む患者さんが増えてきているのが現実です。

その背景としてパソコン作業やスマートフォンなど現代社会では必要不可欠となりつつある動作が原因で肩まわりや首の筋肉に過度なストレスが加わり痛みが発症してきています。
当院では中学生から年配の方までこのような症状でお困りの患者さんが来院されています。

 

当院の施術について

肩こり

単なる肩こりや骨格の異常(歪み)から周囲の筋肉に負担をかけているものなど患者さんにより原因はさまざまです。痛みの原因であろう筋肉に徒手的なアプローチをおこない筋緊張をやわらげます。また骨格の歪みからきているであろう症状においては歪みの矯正をおこない正しい位置に戻したあとで様子を見ながら筋肉へ向けてアプローチをおこなっていきます。施術後にテーピングをして負担がかかっている部分をサポートしたり、簡単にできるストレッチや日常生活での予防方法などもお教えいたします。

 

四十肩・五十肩

40歳過ぎから50代の方がよく発症することからこのような名前がつけられています。正式名称は肩関節周囲炎といって、肩の関節が炎症を起こし激痛が走ったり腕が上がらないなどといった症状が出てきます。
肩関節は筋肉に依存する関節と言われており、筋肉のバンドでぶら下がっているような構造をしています。
そのためどこかひとつの筋肉が異常をきたすと肩関節への影響が大きく次第に周囲にも炎症が広がっていきこのような症状に見舞われます。
当院では原因となっている筋肉を独自の治療方法でマッサージをおこない痛みを少なくするようテーピングをはっていきます。肩に関与している筋肉のストレッチなど自宅でもおこなえるような指導もしております。
腕が上げ辛くなった・腕がうしろに回らない・髪の毛が結べなくなったなど特徴的な症状なので見逃さず早期治療をしていきましょう。

 

首の痛み

首の痛みやコリなどでお悩みの方が最近多くなってきています。

頭痛やめまい・耳鳴りなど自律神経失調の症状も増加しております。

首の可動域が悪く左右どちらかを向くと引っかかりを感じたり、

首をまわしたり上を見上げると手がしびれる。まっすぐに眠れないなど、首だけでもいろいろな症状がみうけられます。
首の骨の変形や歪みなどから影響を受けているものや、

周囲の筋の過緊張で痛みが出ているもの、交通事故などで起こるむち打ちからくる

症状など原因はさまざまありますが、首の矯正をおこないひとりひとり最適な施術をくみたて痛くない治療を提供しています。

 

頭痛にもクラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)

 

 

 

 

 

 

 

 

#東大和 すご腕 肩こり 寝違い寝違え 五十肩 骨盤 腰 産後 灸 MPS

#小平 筋膜 骨盤 寝違え 寝違い 逆子 灸 東大和 

#立川 有名 筋膜 骨盤 50肩 腰痛 膝痛 むちうち 交通事故

#東村山 骨盤 腰痛 膝痛 五十肩 坐骨神経痛 胸郭出口症候群 四十肩

#武蔵村山 骨盤 首痛 頚部捻挫 改善 50肩 四十肩

#小平 鍼灸 はり クチコミ スゴ腕 肩コリ 腰痛 お忍び

 

東京都東大和市南街6-38-2-1F 産前産後の骨盤矯正 森の風接骨院

東京都東大和市南街5-90-11-1F 歪みと腰痛・肩コリ専門 東大和市駅前はり灸整骨院

 

 

肩が上がらなかったり、肩周辺に痛みが出たりと、経験した人にしか分からない四十肩や五十肩のつらさ。40代~50代の人に多く発症することからこのような名前がついていますが、これらは呼び名が違うだけでどちらもほとんど同じ疾患です。今回は、つらい四十肩や五十肩の原因と治し方についてご紹介します。 四十肩、五十肩の原因. 四十肩や五十肩は別名「肩関節周囲炎」と呼ばれており、肩関節の周辺が炎症を起こすことで肩が痛み、関節の動きが制限される症状を言います

なんとなく肩が痛いと思ううちに痛みがだんだん強くなり、やがて肩全体が硬くなって、腕が十分に動かせなくなる「四十肩・五十肩」。自然に治る病気ではありますが、 … 糖尿病や甲状腺の病気、脂質異常症もリスクになるが、これらの病気があって起きた肩の症状は「二次性の肩関節周囲炎」とされ、通常の四十肩・五十肩とは区別される。 30代なのに肩が痛い? それは肩 … 四十肩・五十肩にはまだ早い30代で肩が痛くなったら「弛緩肩(しかんかた)」の可能性がある

五十肩の症状は、老化と密接な関係にあり、肩関節の老化に伴う炎症が主原因とされています。肩関節の骨格は肩甲骨、腕の骨がある上腕骨、鎖骨の3つで構成され、その周りを筋肉が支えています。肩はいくつかの関節が組み合わさってさまざまな動きを可能にしていますが、五十肩の原因となる症状は肩甲骨と上腕をつなぎ最も大きな動きが集中する、肩甲上腕関節と肩峰下関節に多く見られます。この肩甲上腕関節は肩や腕の動きの中心となる関節ですが、肩のかみ合わせが浅いので、肩甲骨から上腕の上端部にかけて9つの強靭な筋肉群に支えられており、中でも五十肩の発生に関係が深いのが、つなぎ目を包むにようにして位置している小円筋、棘下筋、棘上筋などの筋肉群です。
これらの筋肉群には、大きな動きに伴う負担が繰り返しかかっていますが、肩関節の老化が進むと、この筋肉がだんだんと硬くなっていきます。こうした老化と酷使の影響は筋肉と骨の結合部分である腱に集中して現われ、腱の組織が疲労して脆くなり、ちょっとした力が加わるだけで、傷ついて炎症を引き起こすのです。これが五十肩の始まりと言われています。
五十肩の発症には、老化に伴う組織の硬化や小円筋などの筋肉群を主とする腱の炎症、さらに肩こりのサイクルに類似したプロセスも加わっているようです。組織の老化が始まると筋肉疲労がなかなか取れず、どんどんと蓄積されていきます。そうなると、肩こりと同じように血行が悪くなって、各部位に充分な酸素と栄養が行き届かなくなり、栄養失調に陥ります。弱った組織は、ちょっとした動きをきっかけとして、激痛などの五十肩特有の症状を起こすのです。いずれにしても早めの治療が早期回復になります。お気軽にご相談ください。

ページトップへ戻る

メールでのお問い合わせはこちら
お電話・お問い合わせはコチラ 042-516-9901