接骨院と整骨院と整体の違い

「接骨院」と「整骨院」と「整体」何が違うのか?疑問を感じると思います。違いについて、それぞれお話していきます。

接骨院と整骨院の違いとは

接骨院と整骨院は、呼称の相違がありますが、施術の内容は一緒です。どちらも施術者は、国家資格を保有する柔道整復師が行います。

柔道整復師の国家資格を取得するためには、養成機関で3年以上の勉学に励み、国家試験に合格するとなれます。

柔道整復師が独自で出来る施術は、次のことです。

・打撲・捻挫・挫傷(肉離れなど)急性の外傷
・急性のぎっくり腰・筋ちがい(負傷原因が明確なもの)
・骨折・脱臼(応急処置は可、それ以外は医師の同意が必要)

柔道整復師は、接骨院もしくは整骨院を開業することが可能です。開業時に名称を選択するのは、柔道整復師となります。

接骨院と整体院の違いとは

整体院は、資格が必要ないので誰でも開業できます。

接骨院(整体院)は、国家資格を保有する「柔道整復師」が開業できます。

接骨院(整体院)の特徴は、柔道整復師が在中しているため、保険が適応する施術を受けることが可能です。

下記の保険が、適応する場合があります。

  • ・健康保険
    ・労働災害保険
    ・自賠責保険(交通事故)

※「接骨院と整骨院の違いとは」で明記した、柔道整復師が独自で出来る施術は、保険の適応となります。

整骨院(整体院)は保険の適応になることがありますが、整体院の施術は保険の適応になりません。よって、整体院の施術は「自費診療」のみとなります。

技術力のある治療院を選びましょう!

接骨院(整体院)または整体院を選ぶのは、患者様です。
技術力のある治療院で施術を受けたいと思いませんか?

近年の特徴は、次のようなことが挙げられます。

・勉学に励み、整体師の技術力が向上している
・接骨院(整体院)から整体院に名称変更ことが増加している

その背景には、整体院の知名度があるため、名称変更しています。
国家資格者の技術力が問われる時代にもなっています。

高い技術力のある治療院を選んで、施術を行いましょう。

当院では、患者様の症状の改善や軽減のために、常に技術力の向上に励んでおります。

当院の施術を体感してみませんか?心よりお待ちしております。

ページトップへ戻る

メールでのお問い合わせはこちら
お電話・お問い合わせはコチラ 042-516-9901