日曜も営業してます。

交通事故の治療は特に最初の処置が肝心で、受傷当初は症状が激しく変わる方も多くおられます。

当院に来院される患者さまから、『前の病院では痛いところを触れもせずに レントゲンだけ見て、「交通事故に遭った直後に受診し、次は1、2週間後に来てください。」と言われて、痛いのにそんなので大丈夫かと不安になってネットで検索し評判をきいて来ました。』いう声をよく耳にします。

確かに、それでは残念ながら 良くなるものも、なかなか良くならないでしょう…..

 当院では交通事故に遭われた患者さまの施術・救済にも力を入れています。

特にはじめは、こまめに通院加療されることをお勧めしております。

こまめに施術を受けることで、後遺症を防ぎ、早期回復・早期復帰できる可能性が高まります。

jikoバナー

交通事故治療で通われる患者さまには、完全予約制で平日の夜20時まで受付(20時に院に到着OK)し、さらに日曜・祝日、お盆期間中も午前のみになりますが、診療しております。

受診から治療の流れ

事故の流れ

① 電話やeメールにて ご予約

② ご来院、予診票に記入

③ 問診・徒手検査・神経テスト・触診

④ 施術(物理療法・当院独自の交通事故専門の特別手技療法)や

     必要な方には 痛くないソフトな関節の矯正や鍼灸治療

  テーピング・湿布、包帯などの処置

⑤ 再度 動きの確認、注意事項・セルフケア指導

     ※ 必要性、疑わしい症状を感じた場合は、他の医療機関(脳外科さんや産婦人科さんなど)への紹介書を作成

⑥ 通院説明 患者さま1人1人に合った、より早くより良くなるための「施術計画書」を作成し、

     次回の予約時間を確認します

   ※ 交通事故の治療の場合、一般的に患者さまの窓口負担はありません。(0円

交通事故特有の症状について

交通事故のような、非日常的で不意な衝撃によるむちうち症をはじめとした腰痛や打撲などの外傷は、日常では痛めないような部分にダメージを受けることが多く見られます。初めは多少の痛みだったり、違和感程度だから・・と簡単に考えていると、あとあと痛みが長引いてしまって困っているという方たちも 残念ながらたくさんおられるというのが現状です。痛みは当日からではなく、事故発生から1日~1週間 で徐々に症状が出てくる場合もあります。ですから、痛みが和らぐまでは続けてこまめに通院することをおすすめします。事故車と人

施術を受けるにあたって

交 通事故のケガは、ほとんどが自賠責保険による治療をすることができます。患者さんが治療費を窓口で負担することは一切ありません。加害者が任意保険に加入 してなかったり、自分が加害者で事故を起こしてしまった場合でも、接骨院・整骨院において多数の方が窓口の負担は0円で治療を受けることができます。
保険会社の担当の方によっては、「整形外科に行って下さい」「接骨院には行かないで下さい」と言われることがありますが、接骨院は健康保険及び自賠責保険 の取り扱いを国から認められております。あくまでも治療を受けるのは患者さんご自身なので、保険会社が治療を受ける場所を制限することはできません。
また、最初に整形外科へ行って診察を受けていても、接骨院に転院することは可能です。医師の許可があれば、両方の通院も可能です。(同日の通院は不可)

事故後に警察署に届け出なかった場合、人身事故扱いされないため、保険適用にはなりません。なので、事故が起きてしまったら必ず110番を。


煩わしい保険請求手続きや、おケガの施術は、当院が責任を持って対応していきますので、安心してご通院下さい。

どれだけ改善したか検査も定期的に行います

交通事故の怪我の改善は曖昧な検査が多いですが当院では、握力計があり、患者さんの握力で交通事故の怪我の改善をされたかどうか判断できる指標があります。

まだ改善された可動が不安な方も当院へ一度、お電話ください。

jikoバナー

ページトップへ戻る

メールでのお問い合わせはこちら
お電話・お問い合わせはコチラ 042-516-9901