産後むくみ

  • 当院では、産後のむくみで困っている方が多く来院されます。「ぞうさん」のようにむくんでいた足が、少しずつ軽減されています。

産後の3ヵ月程度は、様々な要因により、体のむくみが生じやすくなります。

むくみとは、肌の組織に水が溜まることです。足のむくみは、スネの硬い部分を10秒押した後、5秒経過しても戻らない状態がみられます。

産後の体はむくみやすく、とくに足のむくみが強く出やすいです。産後のむくみは、次のような症状です。

・顔がパンパンにむくむ
・足のむくみで靴が履けない
・指のむくみで指輪が入らない
・ゴムのきついくつ下を履くと痛い
・足の甲がみずみずしいむくみがある

むくみがある部分は、傷がつきやすくなります。むくみがあると、日常生活にも影響を及ぼします。

このようなことでお困りでしたら、ひとりで悩まずに当院へご相談ください。

産後のむくみの原因

産後のむくみの原因は、様々な要因が重なり引き起こします。産後のむくみの原因は、次のことが挙げられます。

ホルモンの乱れ

出産から産後にかけて、女性ホルモンが減少することにより、むくみが起きます。

体内の水分量の変化

出産後は授乳の影響もあり、体内の水分が不足しやすくなります。そのため、水分不足がしないよう、逆に水分を溜めこもうとしてむくみが生じます。

育児によるストレスや疲労

育児に伴う睡眠不足や運動不足、疲労、授乳などの同じ姿勢などの要因がむくみやすくなります。

病気の可能性があるむくみ

産後のむくみは、一時的なことが多いです。しかし、産後3ヵ月以上継続するむくみは、出産によるものではなく、病気によるむくみも考えられます。

以下の場合は、医療機関の受診をおすすめします。

・頭痛
・高血圧症
・急激な体重の増加
・妊娠中からのむくみ

症状を改善するために

むくみの改善には、次のことを行いましょう。

・無理せず、休息をとる
・塩分の多い食品は控える
・ストレッチや体操など、適度な運動をする
・足首から膝にかけて、指で押しながらマッサージをする
・横になるときは、クッションなどを用いて足の位置を高くする
・カリウムを含む食品(きゅうり・ワカメ・バナナ・ほうれん草・さつまいもなど)は、塩分を排出し、むくみの予防となります

そうはわかっていても、できないですし、規則正しい生活ができなかったり、趣味を楽しもうにも気が乗らないかと思います。そういった方々のため、当院では施術で産後のむくみを改善しています。

快適な生活を送るために

当院では、産後のむくみで悩んでいる患者様を改善しています。

足のむくみで履ける靴が限られていた患者様が、改善されました。
見た目も元の姿に戻り、患者様が喜ばれていました。

産後のむくみでお困りの時は、当院へご相談ください。

ページトップへ戻る

メールでのお問い合わせはこちら
お電話・お問い合わせはコチラ 042-516-9901