2020/01/09 (更新日:2020/01/09)

腰痛予防のためのトレーニング!

未分類

こんにちは!

今回は腰痛予防のためのトレーニングをお伝えしていこうと思います!

 

腹筋の中でもどこが重要?

しっかり腹筋を鍛えることができれば、腹筋がコルセット筋として働いてくれます!

しかし腹筋の鍛え方を間違えてしまうと逆に腰を痛めてしまいます。

大切なのはインナーの筋肉を鍛えるということです!

鍛えたいのは6パックと言われえる腹直筋でなく、腹横筋という腹筋群の中でも一番奥にある腹横筋と言われる筋肉を鍛えていきます!

 

ドローイン

仰向けで寝た状態で、鼻から息を吸い込んで口から息を吐きます

吐くときに下腹部に力を入れます(吐くときの息はロウソクの火なびかせるように細く長くいきを吐きます)

下腹部の奥の方が硬くなれば正解です!

 

ハンドニ―

四つ這いを作ります。

その状態から対角の手と足を持ち上げます!

やる前にお尻の穴をキュット締めます!

そうすることで骨盤底筋に力が入るとともに腹横筋にも力が入るので、動かしやすくなります!

 

まとめ

この二つのトレーニングを行うと腹横筋に刺激が入り、使いやすい状態が作れます!

しっかり腹横筋を使えるようにして腰痛の予防をしましょう!

 

当院では治療と共にお家でできるセルフケアもお伝えしていきます!

 

 

関連記事

新着記事

おすすめ記事

おすすめ記事は現在ありません

TOP> > 腰痛予防のためのトレーニング!

ページトップへ戻る

メールでのお問い合わせはこちら
お電話・お問い合わせはコチラ 042-516-9901